​香林居について

top_illustration.png

香林 さまざまな漢詩で詠われている中国・紹興の美景地区の名であり、

異宗教と異民族が融合した理想郷的な意味を持つ。

​金沢においてこの言葉を冠する土地の名は、

比叡山延暦寺の僧「香林坊」に由来します。

かつて織田信長の手によって滅亡した

朝倉氏に仕えていた香林坊は、

後に還俗し、加賀の薬種商に婿入りします。

そしてある晩、義父の夢に現れた

地蔵尊のお告げを受けて目薬を調合。

その目薬が前田利家の目の病を治したことをきっかけに

なおあげたと云われています。

そんな歴史的背景を有するこの地にて、九谷焼をはじめ、

古くから世界の工芸品を扱うギャラリー『眞美堂』のビルを改装。

​兼六園から21世紀美術館に到るまで、時代を超越して美の集積地となったこの街に、

東洋世界における美の在り方を見つめ、その処方を試みる滞在空間『香林居』が生まれました。

土地に充満する空気が凝縮されて文化となり、

洗練された美へと滴下していく姿を。

異世界や異文化が融合し、

新たな美と平穏が創出されていく姿を。

金沢の歴史・文化・自然が滲み出した、

重厚で豊かな時間の流れを。

みなさまに心ゆくまで感じていただける、

​そんな滞在になりますことを切に祈っております。